本文へ

  • 大阪府警公式Instagram
  • 大阪府警公式X(旧ツイッター)
  • 大阪府警公式LINE
  • 大阪府警公式YouTube
現在のページ

大阪商業大学ボランティア部の活動について

 東大阪市に所在する大阪商業大学のボランティア部は、常日頃から小学校の見守り活動を積極的に行っています。

 令和4年全国地域安全運動をきっかけにして、特殊詐欺被害防止活動である「ストップ!ATMでの携帯電話」運動の広報を大学構内で行ったり、SNSのTwitter等を活用して広報活動を行うことで、若い世代を中心に特殊詐欺被害防止活動を実施する等、防犯活動の幅を広げています。

 今後も、継続的な活動を続けていく予定ですので、大阪商業大学ボランティア部の活動を紹介します。

特殊詐欺被害防止ランパト出発式

水色のボーダーのユニフォームを着て、頭にはヘッドキャップを着けた東大阪市のキャラクタートライくんと、大阪商業大学のボランティア部、警察関係者の24名の集合写真

 令和4年10月17日、大阪商業大学において、特殊詐欺被害防止ランパト出発式を行いました。

 ”ランパト”とは、ランニングパトロールのことで、防犯の視点を持ってランニングを行う防犯ボランティア活動で、普段の趣味やクラブ活動等でランニングをしている方々が手軽に始めることができ、普段のランニングに「まちを見守る意識」をプラスする、防犯活動です。

 今回は、大阪商業大学ボランティア部を中心とした学生の方々が、特殊詐欺被害防止や、子ども達の見守り活動等を目的とした、地域の安全を守るためのランニングパトロールを始めるにあたり、地域の安全を守る上小阪校区青色防犯パトロール隊にも参加して頂き、出発式を行いました。

 出発式では、東大阪市長や大阪商業大学学長から激励のお言葉を頂き、ボランティア部部長から決意表明をした後、ランニングパトロールに出発しました。

大阪商業大学のボランティア部13名がランニングパトロールに出発した写真

SNSで「ストップ!ATMでの携帯電話」運動を広めよう!

 令和4年10月11日、全国地域安全運動の初日に、大阪商業大学ボランティア部の皆さんが、特殊詐欺被害防止を呼びかけるチラシを大学構内で配ったり、SNSで発信したりして、取材を受けました。

 現在、布施警察署管内では、特殊詐欺の犯人が高齢者宅に電話をかけてきて、医療費の還付金がある等と言って高齢者をATMに誘い出し、携帯電話でATMの操作を指示して、高齢者の口座から犯人側の口座にお金を振り込ませる「還付金等詐欺」が多発しています。

 携帯電話で通話しながらATMを操作している高齢者は、詐欺被害にあっている可能性が高いです。

 府警では「ストップ!ATMでの携帯電話」運動を実施中ですので、皆さんも、携帯電話で通話しながらATMを操作している高齢者を見かけたら、「お金が返ってくると言われてませんか」等とお声がけしていただき、警察に通報してください。

大阪商業大学の前で携帯と特殊詐欺被害防止を呼びかけるチラシを持ち、カメラで撮影されている4名の学生の写真
大阪商業大学ボランティア部の人が特殊詐欺被害防止を呼びかけるチラシを配布している写真

この記事に関するお問い合わせ先

大阪府布施警察署
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪4丁目1番48号
電話番号:06-6727-1234(代表)