本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

少年育成心理職

少年育成心理職の写真

心理検査の様子

職務内容

街頭補導、保護者・少年へのカウンセリングや指導、学校や関連機関・団体との連絡調整及び職員に対するメンタルヘルス関係業務等に従事します。​

受験資格

選考実施年度の3月31日現在40歳以下の人で、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)若しくは大学院又はこれと同等と人事委員会が認める学校において、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修め、卒業又は修了した人(採用予定日までに卒業見込みの人又は修了見込みの人を含む。)​

選考方法

選考方法(第1次選考)
試験の種類 出題内容
教養考査 職員として必要な一般的知識及び教養について出題します。
専門考査 教育学・心理学及び社会学の3つの分野から出題します。問題は、大学において履修する程度の内容で、短答式及び論述式の方法によります。
選考方法(第2次選考)
試験の種類 出題内容
適性検査 職務の適格性について検査します。
個別面接 理解力、表現力などについて面接をします。

前回の受験状況

平成27年12月実施
受験者数(人) 合格者数(人) 受験倍率(倍)
46 2 23.0

現在の募集状況

下記リンクをクリックしてください。

一般職員採用に関するお問い合わせは

大阪府警察本部警務課人事第六係
06-6943-1234 内線26221
午前9時00時から午後5時45分まで
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く。)