本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

「JKビジネス」は危険がいっぱい!!

近年、女子高校生等が客にマッサージをする、会話やゲームをして楽しませる等の接客サービスを売り物とする、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業が大都市の歓楽街・繁華街を中心に出現し、多様な営業形態が確認されています。

いわゆる「JKビジネス」の主な営業形態  ▶ リフレ 従業員が客の身体のマッサージや添い寝、肩もみ等のサービスを提供、又は従業員の身体を触らせるサービスを提供  ▶ 散歩    従業員との同伴デート、カラオケの同伴、観光案内等のサービスを提供  ▶ コミュニケーション 店舗内の間仕切り部屋等において、従業員との会話や占い、カウンセリング、ゲーム等のサービスを提供 ▶ 撮影 個室又は屋外等において、主に従業員の姿態(制服等のコスプレや水着姿等)を撮影させるサービスを提供 ▶ 見学 直接又はマジックミラー越しに従業員の姿態を見せ、客に指名された従業員が注文に応じて体育座り等のポーズをするサービスを提供 ▶ 作業所 従業員が折り紙やアクセサリー作り等の作業をしている姿態を見せるサービスを提供  ▶ 喫茶    喫茶店内等において飲食物等を提供し、かつ客の指名を受けて談笑やゲームをする等のサービスを提供  ▶ ガールズバー    カウンター席を設置し、女性バーテンダーがカウンター越しに接客し、酒類等を提供(ショットバー形態の営業) ▶ ガールズ居酒屋 女性従業員に水着や下着等を着用させ、パフォーマンスつきでメニューの注文を受けたり、客の面前でダンスをさせる等のサービスを提供

 

これら「JKビジネス」と呼ばれる営業の中には、従業員に水着や下着等の露出度が高い衣服を着用させて接客させる店舗や、表向きは健全な営業を装いながら、裏オプションと称して性的なサービスを提供する違法店舗が存在し、実際に、女子高校生等の青少年が客から性的な被害に遭うなどのケースが確認されています。

「JKビジネス」で働くことはとても危険です。
 

危険が潜んでいる「JKビジネス」_「JKビジネス」はNO!