本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

少年の大麻事犯急増

近年、大阪では大麻の乱用で検挙された少年が増加しています。
平成29年中における少年の検挙人員は39人でしたが、平成30年上半期は51人に急増しており、深刻な状況です。

大麻の乱用は厳しく処罰されます!

大麻の所持・譲渡・譲受などの行為は、大麻取締法で規制されており、違法です。

大麻取締法での罰則(例)

所持・譲渡・譲受 5年以下の懲役
輸入・輸出・栽培 7年以下の懲役

大麻の使用は有害です!

  • 大麻の乱用は、脳の知的機能や記憶の形式を司る部位に悪影響を及ぼすなど様々な不具合を起こします。
  • 青少年期に構築される脳・神経系の正常な発達及び成熟に障害を起こす可能性が高いと言われています。

大阪府警から少年たちへ~自分を守るために

大麻等違法薬物から自分を守るために「3つの勇気」を持ってください。

1つ目は「近づかない勇気」

薬物など噂のある人物、グループ、場所に近づかない。

2つ目は「キッパリと断る勇気」

大麻などの違法薬物に誘われたとしても、キッパリと断る。

3つ目は「相談する勇気」

もし困ったことがあれば、警察署をはじめ相談窓口に相談してください。
緊急の場合は110番してください。

相談窓口

最寄りの警察署少年係または少年総合相談(グリーンライン)
06-6944-7867(なやむな)

最後に!

  • 大麻の乱用は、自分の将来を台無しにするだけでなく、家族や恋人など大切な人も不幸にします。
  • 誘われたときは、キッパリと断る、その場から離れることが大事です。

  はっきり「NO!」と断る勇気を持ちましょう。

広報啓発動画

協力 豊中市保健所

楽曲 ヴォイスクラッカー「For LIFE~楽物乱用ダメ。ゼッタイ。~」

出演 大阪府立豊島高等学校 演劇部・軽音楽部・ダンス部

広報啓発動画はこちら

 

大麻乱用防止チラシ(PDFファイル)

ダウンロードしてお使いください