本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

歓楽街総合対策

歓楽街総合対策の目的

誰もが安心して楽しむことのできるまちへ

府内には、飲食店や商業施設が集まる歓楽街があらゆる場所にあり、訪れる人々に娯楽や憩いを提供し、愛され、親しまれています。
しかし、迷惑な客引きや違法なスカウト等が横行し、更には暴力団その他犯罪組織等が活発に活動する等して違法行為が多発すれば安心してまちを訪れることができなくなります。
大阪府警では、歓楽街を誰もが安心して楽しむことのできるまちにすることを目的として、各歓楽街の実態に即した効果的な対策を強力に推進し、諸対策を行っています。

歓楽街総合対策の目的 ~誰もが安心して楽しむことのできるまちへ~ 大阪府警察歓楽街総合対策について(方策) 推進項目 ○ 風俗関係事犯の取締りの推進 ○ 街頭活動等の強化 ○ 組織犯罪対策の推進 ○ 各種交通対策の推進 自治体、事業者、地域住民等を主体とした取組の支援 推進項目を受けた各部の取組(各部門が連携して取組) ○ 生活安全部  ・ 風俗関係事犯等の取締りの推進  ・ 街頭補導活動の強化  ・ 歓楽街における街頭防犯カメラの効果的な運用  ・ 自治体、地域住民等と連携、協働した取組による健全で魅力あふれるまちづくりの推進 ○ 地域部  ・ 方面機動警ら隊パトカー及び鉄道警察隊による警戒 ○ 刑事部  ・ 暴力団対策の推進  ・ 外国人組織犯罪対策の推進  ・ 薬物対策の推進  ・ すり、仮睡者狙い等の検挙推進  ・ 見当り等の積極的な推進 ○ 交通部  ・ 飲酒運転等取締りの強化	  ・ 大阪市、地元と連携した路上放置物件等に対する撤去、指導活動の推進  ・ 違法駐車対策の強化 ○ 警備部  ・ 関係所属、関係機関との効果的な連携による不法就労者等取締りの強化 ○ 組織犯罪対策本部  ・ 歓楽街における資金源関連事犯に介在する犯罪組織に対する取組  ・ 歓楽街における犯罪インフラ対策の推進 主な効果 ○ 刑法犯認知件数の減少 ○ いわゆる風俗案内所の減少 ○ 地域住民、商店会等による自首環境浄化活動の活性化  ・ 合同パトロールの実  ・ はみ出し看板の自主規制  ・ 迷惑駐輪対策の推進  ・ ビルオーナー等の違法風俗営業排除気運の高揚