本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

オートバイ・自転車盗の被害に遭わないために(自転車盗)

自転車盗の現状

令和元年中の自転車盗の認知件数は24,907件で、前年比で2,083件減少しました。
被害場所は、駐輪場が最も多く全体の約34パーセントを占め、次いで住宅(全体の約27パーセント)となっており、施錠なし(無施錠)での被害が、全体の約53パーセントを占めています。
また、被害に遭った自転車の回復率は約54パーセントです。

自転車盗認知件数の推移

自転車盗認知件数の推移のグラフ

(注意)平成元年のピーク時に比べ約54パーセント減少

発生場所

自転車盗発生場所のグラフ   住宅26.7パーセント、駐車場2.7パーセント、駐輪場34.3パーセント、道路上24.0パーセント、スーパーマーケット3.9パーセント、その他8.5パーセント

(注意)駐輪場での被害が約34%と最も多い

被害態様

自転車盗被害態様のグラフ

(注意)約53%が無施錠(施錠なし)の被害

自転車盗の防犯対策

自転車盗は、自主的防犯対策を実践することで、被害を未然に防止できます。

自転車をとめるときは、短時間でも必ず鍵をかけましょう。

また、防犯性能の高い鍵(ディンプル錠など)を取り付けるとともに、路上などに放置することはやめましょう。

ワイヤー錠などを併用すると、更に効果的です。

ディンプル錠

ディンプル錠の写真

ワイヤー錠

ワイヤー錠の写真