本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

ストーカー被害防止啓発ポスターのイラストとキャッチコピーを募集します!

チラシ(表)の画像

チラシ(表)

チラシ(裏)の画像

チラシ(裏)

最近、高校生などの若者のストーカー被害が増えています。その加害者は、クラスメートや同じ塾に通っている人など、身近な人であることが多く、交際を解消するときのトラブルや交際していなくても一方的に恋愛感情を持たれることが主な原因となっています。
誰でも被害に遭う可能性があり、また自分がしている行為がストーカーだと気づかずに加害者になっていることもあります。
今回募集するポスターのイラストやキャッチコピーを考案することを通して、ストーカー被害について知ってもらえると幸いです。

応募資格

大阪府内の高校に通う高校生ならどなたでも応募できます。

応募内容

(1)ストーカー被害防止啓発ポスターのイラスト
(2)ストーカー被害防止啓発ポスターに記載するキャッチコピー
(注意)(1)と(2)両方でも、どちらかだけの応募でもかまいません。

応募のテーマ

若年者がストーカー被害について関心をもち、被害者にならないための防犯意識や、加害者にならないためにストーカー行為について認識を高めてもらうきっかけになるようなポスターとキャッチコピーを募集します。

応募締め切り

令和4年12月16日(金曜日)

問い合わせ先

ストーカー対策大阪ネットワーク事務局
(大阪府警察本部生活安全部生活安全総務課)
電話 06-6943-1234(内線30333)

フーくんケイちゃんのイラスト

応募のあった中から、優秀なイラストとキャッチコピーを選ばせていただきます。
完成したポスターは、大阪府内の中学校・高校に配付し、警察署などの関係機関に掲示する予定です。
たくさんのご応募お待ちしています!

応募条件

ポスター

  • A3版、縦型とし画用紙またはケント紙を使用してください。
  • 画材は自由です(絵の具、ペン等何を使用してもらってもかまいません)。
  • デジタル作品も可能です(デジタルの場合でも縦型での制作をお願いします)。

キャッチコピー

キャッチコピーの文字数に制限はありませんが、端的でわかりやすいキャッチコピーをお願いします。
例:「被害者にも加害者にもならないために」(令和3年度作成リーフレットより)

その他注意点

  • 被害者や加害者の性別は問いません(誰もが被害者にも加害者にもなり得ます)。
  • 著作権や肖像権の侵害に留意してください。
  • 応募作品は、未発表の作品に限ります。
  • 応募作品の著作権は主催者にあり、作品は返却しません。
  • 応募者の名前、学校名、学年等は、大阪府警察の刊行物やWEBサイトのほか、テレビや雑誌等の各種媒体で使用、公表する可能性があります(相談可能です)。

提出方法 提出締切 令和4年12月16日(金曜日)

ポスター(デジタル作品)の提出

  • 電子メールでの提出です。
  • メールの件名は、「ストーカー被害防止啓発ポスター2022」としてください。
  • データのファイル形式は、(1)jpg形式 (2)gif形式 (3)tif形式 (4)png形式 (5)pdf形式 の5種類に限ります。
  • メール本文に応募者自身の、「名前、生年月日、学校名、学年」を記載してください。

ポスター(紙作品)の提出

  • 添付の応募票に必要事項を記入し、ポスターの裏面に貼って郵送してください(お手数ですが、郵送にかかる費用は応募者様のご負担になります)。

キャッチコピーの提出

  • 郵送で提出する場合は、別添の応募票にキャッチコピーと必要事項を記入し、郵送してください。
  • メールで提出する場合は、件名を「ストーカー被害防止啓発キャッチコピー2022」とし、本文に、キャッチコピーと応募者自身の「名前、生年月日、学校名、学年」を記載してください。

ポスターとキャッチコピーの提出先

  • メール提出先
    大阪府警察生活安全部生活安全総務課人身安全対策室
    ストーカー対策大阪ネットワーク事務局
    アドレス stalker_poster@police.pref.osaka.jp
  • 郵送提出先
    郵便番号 540-8540
    大阪府大阪市中央区大手前3-1-11
    大阪府警察生活安全部生活安全総務課人身安全対策室
    ストーカー対策大阪ネットワーク事務局

若年者に多いストーカー被害の例(イラストやキャッチコピーの参考にしてください)

  • 元恋人、クラスメートなどの知人から一方的に恋愛感情を抱かれたことによるストーカー被害
  • 痴漢、盗撮、住居侵入などのストーカー被害
  • しつこくメッセージを送られたり、写真をSNSに公開されたりする等のネットやSNSによるストーカー被害
  • 自転車や自動車などにGPSをつけられたり、それによって位置情報を取得されたりするストーカー被害