本文へ

  • 大阪府警公式Instagram
  • 大阪府警公式X(旧ツイッター)
  • 大阪府警公式LINE
  • 大阪府警公式YouTube
現在のページ

サポート詐欺にご注意!(特殊詐欺)

サポート詐欺とは

パソコン等でインターネットサイトを閲覧中、画面に

「ウイルスに感染しました。」
「●●-●●●●-●●●●まで電話してください。」

等と記載されたポップアップが表示され、掲載された電話番号に電話すると、ウイルス除去等のサポート費用名目に金銭等をだまし取られるものをいいます。
(注意)ポップアップ(パソコン等の画面上で自動的に最前面に飛び出すように現れる画面)

「ウイルスに感染しました」って出たけど、それホンマ?

ウェブサイトを閲覧中に、突然

ウイルスが見つかりました
検出された脅威 トロイの木馬

等の偽の警告画面が表示されて消すことができない状態になったり、警告音声が流れたりします。
さらに、この警告画面には、「Windowsサポートに連絡する:0X0-XXXX-XXXX」と、電話をかけることを促してきます。
これらの警告表示については偽物の表示で、この時点でウイルスに感染したという事実はありません。
Windows(マイクロソフト)のエラーメッセージや警告メッセージに電話番号が表示されることはありません。
電話をかけると、ウイルスを除去したかのように見せかけ、サポート料金を請求する

サポート詐欺

です。
「クレジットカード情報が流出しています」「不正なアクセスを受けています」等、不安を煽るメッセージが表示されたり、警告音声が流れたりしますが、落ち着いて対応するようにしてください。
その他に、セキュリティソフトを装った偽の警告画面やスマートフォンでも表示される事例が確認されています。

偽の警告表示の例

偽の警告表示の例 1警告の画面が次々と重なって開く 閉じるボタンが隠されてしまい画面を閉じる事ができない事例が多い。 2警告音やアナウンスが流れる けたたましい警告音や、テクニカルサポートを名乗るウィルス感染等の警告アナウンスが大音量で流れる事があります。 3実在する企業やサービスのロゴなどが表示される マイクロソフト、マカフィー等企業名やロゴ、またWindowsの標準機能からの警告を装った表示が繰り返し表示される。 4サポート窓口の電話番号の表示 問い合わせ先の電話番号が繰り返し表示されます。 5焦らすような表現が目立つ 今すぐ対応しないと個人情報が漏洩する、無視すると被害にあうなど、ユーザーに切迫感を与え、動揺させて電話をかけさせようとします。

警告表示を消す方法

もし、偽の警告表示が出た場合は、下記の方法により警告表示を消すようにしてください。

ショートカットキーによる方法

[Alt]キーを押しながら[F4]キーを押す。
(現在開いているウインドウを閉じるショートカットコマンドです)

キーボード上でAltキーとF4キーの場所をしるしている画像

タスクマネジャーによる方法

[Ctrl]キー、[Alt]キーを押しながら[Delete]キーを3つ同時に押す。
(タスクマネージャーは、現在起動中のプログラムの一覧を表示させるプログラムです)

キーボード上でCtrlキー、Altキー及びDeleteキーの場所をしるしている画像

表示されたメニューから「タスクマネージャー」を選択してタスクマネージャーを起動する。

タスクマネージャーの場所をしるしている画像
  1. 「InternetExplorer」、「Edge」等のウェブブラウザーを選択し、
  2. タスクの終了をクリックする。
タスクマネージャーのイメージ画像

もし、電話をかけると

電話をかけると
遠隔操作ができるよう、パソコンの操作を指示して遠隔操作ソフトを入れさせる
遠隔操作を行い、ウイルスを除去したかのような操作を行う
コンビニでプリペイド型電子マネーを購入するよう指示される
プリペイド型電子マネーの裏面のコードを教えるよう求められる
という流れで高額なサポート料金の支払いを求めてきます。
コンビニでプリペイド型電子マネーを購入する際に、コンビニ店員に声をかけられて止められないよう、店員への説明内容を細かく指示されることもあります。

被害防止のために

  • OSやウェブブラウザを常に最新の状態にアップデートする
  • ウェブブラウザのセキュリティレベルを高いものに設定する
  • ウイルス対策ソフトを導入する
  • 表示される警告を安易に信用しない
  • 表示された電話番号に電話しない
  • プリペイド型電子マネーを買うように言われても購入しない
  • ウェブブラウザの通知機能を不用意に許可しない
  • 判断が難しい場合は信頼できる人に相談する

リンク先