本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

預貯金詐欺

警察官、銀行協会職員等を名乗り、「あなたの口座が犯罪に利用されています。キャッシュカードの交換手続きが必要です」と言ったり、役所の職員等を名乗り、「医療費などの還付があります。カードが古いので、カードを取りに行きます」等と言って、暗証番号を聞き出しキャッシュカード等をだまし取る(脅し取る)手口です。

預貯金詐欺!(還付金名目)

役所職員や銀行員になりすまして、キャッシュカードをだましとる手口!!

犯人A 「もしもし、○○市役所の□□と言います。あなたに保険料(医療費)の還付金があります。口座に振り込みますので、どちらの銀行の口座をお持ちですか。」
(注意)役所の職員を名乗り、「還付金がある」と言って喜ばせます。

被害者「お金が戻ってくるんですか。△△銀行の口座を持っていますが。」

犯人A 「そうですか。それでは△△銀行に連絡します。銀行の者から手続についての電話があると思います。」

犯人B 「そもしもし。△△銀行です。○○市役所から連絡を受けてお電話しました。還付金の振込み手続きをしますので、口座番号と暗証番号を教えてください。」
(注意)「役所から連絡を受けた」と言って辻褄を合わせて、信じ込ませます。

被害者「わかりました。口座番号は・・・・で、暗証番号は××××です。」

犯人B 「わかりました。しかし、あなたが持っているキャッシュカードは古いものになりますので、新しいキャッシュカードに替えないと手続きができません。銀行の者を自宅まで行かせますので、そのキャッシュカードを渡してください。」
(注意)「そのカードでは還付金が受け取れない」と言って、キャッシュカードをだまし取る口実を告げます。


その後 ・ ・ ・


犯人C 「△△銀行です。キャッシュカードを受け取りに来ました。新しいカードは後日、自宅に送ります。」
(注意)キャッシュカードをだまし取った後、近くのATMで現金を引き出します。

被害者  「わかりました。よろしくお願いします。」

このような電話は詐欺です!!他人にキャッシュカードを 渡したり、暗証番号を教えたりしないようにしてください。

役所や銀行がキャッシュカードの暗証番号を聞いたり、 自宅までキャッシュカードを取りに来ることは絶対にありません!