本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府警の組織図

大阪府民を守る2万3千人の組織

府民の平和と安全を守る大阪府警は、約2万3千人の職員を擁する世界有数の警察組織です。犯罪の予防、捜査、取締り…。各部門のエキスパートたちが連携しながら24時間フルに活動することで、大阪の治安を維持しています。そこには「大阪をもっと住みよい街にしたい」という願いを実現するため、能力・個性を惜しみなく発揮している警察官の姿があるのです。

大阪府警察

警察本部 総務部

ハイテクを駆使した文書や情報の管理、経理、各種装備品の開発、警察施設の維持管理などを担当しています。
総務課・情報管理課・広報課・会計課・施設課・整備課・留置管理課・府民応接センター
 

警察本部 警務部

業務運営に関する企画・調整や採用・人事、給与、教育研修、福利厚生等を担当する部門。
警察活動全般をバックアップしています。
警務課・給与課・教養課・厚生課・監察室・健康管理センター
 

警察本部 生活安全部

家庭や企業等への防犯指導、少年非行の防止、経済・環境犯罪や風紀・風俗犯罪の取り締まりなど、生活に身近な事象を取り扱っています。
生活安全総務課・府民安全対策課・サイバー犯罪対策課・保安課・生活経済課・生活環境課・少年課・生活安全特別捜査隊
 

警察本部 地域部

交番・駐在所を拠点に、パトロールを通じて地域の人々の安全と平穏を守る「警察の顔」。
110番(通信指令室)も所属しています。
地域総務課・通信指令室・第一方面機動警ら隊・第二方面機動警ら隊・第三方面機動警ら隊・鉄道警察隊・航空隊
 

警察本部 刑事部

凶悪事件、詐欺事件、窃盗事件、暴力団犯罪、薬物・銃器犯罪や国際犯罪などに対応しています。
科学捜査力を駆使し、様々な犯罪に立ち向かっています。
刑事総務課・捜査第一課・捜査第二課・捜査第三課・捜査第四課・薬物対策課・国際捜査課・捜査共助課・鑑識課・検視調査課・科学捜査研究所・機動捜査隊・刑事特別捜査隊
 

警察本部 交通部

安全教育・交通違反の取締り、交通事件、事故の捜査を行い、交通秩序の維持に努めています。
女性白バイ隊(セイフティー・ウインズ)は大阪国際女子マラソンの先導でも活躍しています。
交通総務課・交通規制課・駐車管理課・交通指導課・交通捜査課・運転免許課・門真運転免許試験場・光明池運転免許試験場・交通機動隊・高速道路交通警察隊
 

警察本部 警備部

自然災害・都市災害時の救助活動、祭礼などの雑踏警備のほか、テロ・ゲリラを封圧し、検挙します。
密入国事犯の取締まりや、国内外の要人警護も担当します。
警備総務課・警備課・警衛警備課・公安第一課・公安第二課・公安第三課・外事課・第一機動隊・第二機動隊・第三機動隊
 

警察学校

新任警察官を全寮制で一人前の警察官に育てるために教育するほか、
現に活躍している警察官に対しても、様々な専門教育をします。
初任教養部・専科教養部>
 

方面本部

府下を5ブロックに分け、各方面本部内の警察署のバックアップと相互間の有機的連携を図ります。
第一方面本部・第二方面本部・第三方面本部・第四方面本部・第五方面本部

組織犯罪対策本部

暴力団犯罪、来日外国人犯罪をはじめとする組織犯罪に対応します。

犯罪抑止戦略本部

街頭犯罪の情報分析や自治体等との連絡調整を行うとともに、重要犯罪などの犯罪発生に応じて防犯カメラ画像の収集や解析を行います。

警察署

企業に例えると「支店」。地域の治安の全責任を担っています。ここには企業でいう出張所ともいうべき、交番、駐在所があり、府民の皆さんにとって最も身近な存在となっています。
警察署 65署・交番 603ヶ所(署在地交番1ヶ所、警備派出所2ヶ所を含む)・駐在所 46ヶ所

 

  • 総務課
    警察相談、被疑者の留置など
  • 会計課(係)
    会計事務、落とし物・捨得物の取扱いなど
  • 生活安全課
    少年の非行防止、迷子・家出人の取扱い、悪徳商法や廃棄物の不法投棄の取締り、鉄砲の所持許可、風俗営業の許可など
  • 地域課 交番・駐在所
    パトロール、巡回連絡、地理案内、犯罪の予防・検挙など
  • 刑事課
    殺人・強盗・窃盗などの犯罪捜査、暴力団犯罪や薬物・銃器犯罪の取締りなど
  • 交通課
    交通整理、交通事故の処理、交通違反の取締り、運転免許事務、道路の使用許可など
  • 警備課
    災害時の救助活動、雑踏警備、要人警護、極左暴力集団による犯罪の検挙など
  • 直轄警察隊
    街頭犯罪、重要犯罪等の検挙・抑止など