本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

クロスボウの所持の禁止と所持許可制の導入等

クロスボウ(ボウガンともいいます。)が使用された凶悪事件が相次いで発生したことを受け、令和3年6月16日に銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律が公布されました。
これにより、改正法の施行日以降、クロスボウの所持が原則禁止され、許可制となることとなりました。

改正法の施行後、クロスボウを不法に所持した者は、罪に問われることとなります(3年以上の懲役又は50万円以上の罰金)。

なお、改正法は、令和3年6月16日から9か月以内の政令で定める日に施行されることとなります。

クロスボウ所持禁止のチラシ

警察に処分依頼をしていただければ無償でお引き取りいたしますので、最寄りの警察署等になるべく早めにご相談ください。