本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

平成30年の全国における交通死亡事故の特徴等について

平成30年の全国における交通死亡事故の特徴

交通事故死者数は減少傾向(3,532人)

人口10万人当たり死者数も同様に減少傾向。
高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の約2倍

全死者数の約半数が歩行中又は自転車乗用中の死者

  • うち約7割が高齢者。
  • うち約3分の2に法令違反あり。

分析結果

飲酒死亡事故件数は下げ止まり

死亡事故率は「飲酒なし」と比較して約8倍。

後部座席のシートベルト着用率は、高速道路と比較して一般道で低い

非着用時の致死率は着用時と比較して約3.5倍(一般道)

携帯電話使用等に係る事故は増加傾向

死亡事故率は「使用なし」と比較して約2倍。

高齢運転者による死亡事故件数は75歳以上、80歳以上のいずれも増加

危険認知速度別の死亡事故率は40km/h 超で顕著に増加

 危険認知速度40km/h 超の人身事故件数と死亡事故件数の相関が強い。

分析を踏まえた今後の取組

広報啓発と交通指導取締りの強化

  • 歩行者の横断違反の防止、自転車の交通ルール遵守
  • 車両側の横断歩行者保護、速度違反対策

制度の見直し・検討

  • 携帯電話使用等の罰則強化
  • 高齢運転者対策(実車試験・限定条件付免許) 等

その他

  • 後部座席シートベルトの着用の促進、飲酒運転根絶