本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府内のアポ電等の認知件数

アポ電等の認知件数(令和2年5月末)

アポ電等とは、特殊詐欺の犯人が発信したと思われる電話、メール(SMS)、葉書(封書)のことです。

大阪府内のアポ電等の認知件数について  令和2年5月末のアポ電等の認知件数は、2437件です。 前年は5346件で、2909件減少しました。  アポ電等の認知件数のうち、被害者自らが詐欺を見抜いた件数は1680件です。 前年は4227件で、2547件減少しました。 アポ電等の認知件数のうち、第三者が被害を防止した件数は310件です。 前年は505件で、195件減少しました。  アポ電等の認知件数のうち、被害の認知件数は447件です。 前年は614件で、167件減少しました。

(注意)令和元年8月より、特殊詐欺と同様に電話をかけ、被害者の自宅を訪問してキャッシュカード等をすり替えて盗む窃盗の手口についても、特殊詐欺の認知件数として計上しています。

アポ電等の認知件数(令和2年5月末)
  令和元年(平成31年) 令和2年 増減
アポ電等 5,346 2,437 -2,909
自己看破 4,227 1,680 -2,547
未然防止 505 310 -195
被害認知 614 447 -167

アポ電等の認知件数(令和元年12月末)

大阪府内のアポ電等の認知件数について   令和元年12月末のアポ電等の認知件数は、11408件です。   前年は11728件で、320件減少しました。   アポ電等の認知件数のうち、被害者自らが詐欺を見抜いた件数は8625件です。   前年は8417件で、208件増加しました。   アポ電等の認知件数のうち、第三者が被害を防止した件数は976件です。   前年は1540件で、564件減少しました。   アポ電等の認知件数のうち、被害の認知件数は1807件です。   前年は1771件で、36件増加しました。

(注意)令和元年8月より、特殊詐欺と同様に電話をかけ、被害者の自宅を訪問してキャッシュカード等をすり替えて盗む窃盗の手口についても、特殊詐欺の認知件数として計上しています。

アポ電等の認知件数(令和元年12月末)
  平成30年 令和元年 増減
アポ電等 11,728 11,408 -320
自己看破 8,417 8,625 +208
未然防止 1,540 976 -564
被害認知 1,771 1,807 +36