本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府速度管理指針(西堺警察署)

令和3年8月 西堺警察署 速度取締指針

速度取締重点

重点路線、国道26号、堺阪南線

重点時間、6時00分から18時00分
区域、船尾町東2丁から鳳西町2丁(国道26号)、石津北から浜寺公園南(堺阪南線)
規制速度、60キロメートル毎時(国道26号線)、50キロメートル毎時(堺阪南線)

  • 重点路線以外の場所、時間帯でも取締りを実施する。
  • 路線別では、国道26号で交通事故が多く発生し、実勢速度が高いことから、速度超過による交通事故の防止を図るため、重点的に速度取締を実施する。
  • 重点路線以外にも、管内には街区内道路に通じる他の幹線道路が多いことから他の路線道路においても、速度取締りを実施する。

西堺警察署管内における交通事故実態

  • 幹線道路での交通事故の発生が全体の約半数で、残り半数が細街路等の生活道路で発生している。
  • 時間帯で発生状況を見てみると、昼間帯の発生が全体の約7割以上を占めている。
  • 旧来の住宅街が多く、一方通行規制、一時停止規制が多いことから細街路における出会い頭事故が発生している。

その他交通指導取締要点

  • 交差点では、信号無視、横断歩行者妨害等の交通事故に直結する交通違反の取締りを強化。
  • 二輪車の交通事故が多発していることから、二輪車に対する指導取締りを強化。
  • 細街路における一時不停止違反の取締りを強化。
  • 自転車の指導取締りを実施。