本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

管理・運用の方法について

大阪府警察では、ひったくり等の街頭で行われる犯罪等に対する防犯対策として、犯罪多発地域及び歓楽街の街頭に防犯カメラ797台(平成30年9月末現在)を設置しています。

大阪府警察街頭防犯カメラの写真

(南警察署管内設置カメラ)

街頭防犯カメラ設置表示板の写真

(カメラ設置表示板)

管理・運用の方法について

防犯カメラの運用に当たっては、大阪府公安委員会規程及び大阪府警察街頭防犯カメラシステム運用要綱を定め、厳格かつ適正な管理のもとで運用をしています。

  • 責任者を指定し、街頭防犯カメラシステムの運用について、個人のプライバシー又は権利を不当に侵害することのないよう慎重を期しています。
  • 記録されたデータは、犯罪の捜査その他警察の職務遂行のため、必要と認められる最小限度において活用をしています。
  • データを活用した場合は、四半期毎に大阪府公安委員会に報告しています。
  • 街頭防犯カメラシステムの運用状況について、半年毎に公表しています。