本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

ひったくり・路上強盗の被害に遭わないために(路上強盗)

路上強盗のイメージ画像

令和元年中の路上強盗の認知件数は73件で、前年と比較すると14件減少しました。
路上強盗は、夜間帯の発生が多いため、夜間は出来るだけ明るくて人通りの多い道を通行しましょう。

路上強盗認知件数の推移

路上強盗認知件数の推移のグラフ

(注意)平成16年のピーク時に比べ約86%減少

発生時間帯

路上強盗発生時間帯のグラフ   0時から6時52.1パーセント、6時から12時11.0パーセント、12時から18時2.7パーセント、18時から24時34.2パーセント

(注意)0時から6時が全体の約52パーセントを占めている

被害者性別認知状況

路上強盗被害者性別認知状況のグラフ   男性67.1パーセント、女性32.9パーセント

(注意)約67パーセントが男性の被害

被害者年齢別認知状況

路上強盗被害者年齢別認知状況のグラフ   20歳未満12.3パーセント、20歳代31.5パーセント、30歳代15.1パーセント、40歳代12.3パーセント、50歳代12.3パーセント、60歳代16.4パーセント

(注意)被害者の年齢別では20歳台が最も多い