本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府速度管理指針(泉南警察署)

令和3年7月

泉南警察署の速度取締重点

次の路線、時間帯を重点に速度違反取締活動をします。

重点路線、国道26号

  • 重点時間帯、9時00分から17時00分
  • 区間、樫井川北交差点から大苗代西交差点
  • 規制速度、60キロメートル

重点路線、府道大阪和泉泉南線

  • 重点時間帯、9時00分から17時00分
  • 区間、泉南IC北交差点から佐田交差点
  • 規制速度、40キロメートル

重点以外の場所、時間帯でも、取締りを実施することがあります。

泉南警察署管内における交通事故実態(令和3年6月末現在)

類型別

  • 追  突 44パーセント
  •  出 会 頭 21パーセント
  • 右 左 折 12パーセント
  • 人対車両 9パーセント
  • 車両単独 1パーセント
  • そ の 他 13パーセント

路線別

  • 国道26号 19パーセント
  • 泉佐野岩出線 18パーセント
  • 和歌山阪南線 14パーセント
  • 大阪和泉泉南線 4パーセント
  • 堺阪南線 4パーセント
  • その他 41パーセント

    泉南警察署、泉南市、阪南市、泉南郡岬町の2市1町を管轄しています。
    人身事故の発生件数、負傷者数は泉南市、泉南郡岬町は前年と同水準
    阪南市は前年よりも増加しています。
    高齢者事故は大阪府下では件数、死者数、負傷者数にあっては増加傾向で、泉南警察署管内においても増加しています。
    令和3年6月末現在の高齢者事故は、50件発生(前年同月比+10件)です。

その他の交通指導取締要点

  • 第二阪和国道(国道26号)バイパスにおいては、パトカーによる速度取締りを強化
  • 管内幹線道路主要交差点において、交差点に関連する違反の取締りを強化
  • 二輪車による追い越し違反、割込み等、二輪車に対する指導取締りを強化
  • 幹線道路以外の生活道路や通学路周辺における交差点での一時不停止違反、自転車の悪質違反の交通指導取締りを強化