本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府速度管理指針(豊中南警察署)

令和4年1月 豊中南警察署 速度取締指針

豊中南警察署の速度取締重点

豊中南警察署の速度取締重点は次のとおりとします。

重点場所
   国道176号、大阪池田線、神崎刀根山線、西宮豊中線

重点時間帯
   午前6時から午前9時、午後3時から午後6時

・重点時間帯においては、通勤ラッシュによる交通事故が多発しています。
・重点場所、重点時間帯以外の場所や時間帯でも取締りを実施します。

豊中南警察署管内における交通実態等

道路形状別事故発生状況(令和3年中)
   発生件数の約63パーセント(201件)が交差点及びその付近で発生

路線別事故発生状況(令和3年中)
   発生件数の約53パーセント(169件)が主要幹線道路で発生

  • 豊中南警察署は豊中市南部の約3分の1を管轄し、住宅・商業地域と金属・機械・化学工業等を中心とした工業地帯が混在しています。また、庄内地区は、小売市場、商店、飲食店等が集中しており、自動車と自転車・歩行者が混在して通行しているという道路環境となっています。
  • 管内のほぼ中央に名神高速道路豊中インターチェンジがあり、南北に走る阪神高速道路池田線と繋がっていますので、交通の要衝であり、大型貨物自動車等の通行量も多くなっています。
  • 令和3年中、1件の死亡事故が交差点で発生しました。

その他の交通指導取締要点

  • 管内幹線道路の主要交差点において、信号無視・歩行者妨害等の交差点関連違反取締りを実施します。
  • 要望の多い街区内や通学路における一時不停止・通行禁止違反等の指導取締りを計画的に行います。
  • 危険性・悪質性の高い飲酒運転の取締りを管内のあらゆる場所で実施します。
  • 自転車利用者に対する信号無視等の指導取締りを強化します。
  • めいわく駐車に対する積極的な取締りを実施します。