本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府速度管理指針(鶴見警察署)

令和3年7月 鶴見警察署 速度取締指針

鶴見警察署の速度取締重点

重点路線、大阪中央環状線

  • 重点時間、6時00分から12時00分、16時00分から20時00分
  • 区域、茨田大宮2丁目から安田2丁目
  • 規制速度、50キロメートル毎時
  • 上記の場所、時間帯以外であっても速度取締りを実施することがあります。
  • 可搬式オービスによる取締りも実施しています。

鶴見警察署管内における交通事故実態(令和2年中)

主要路線別人身事故発生状況

大阪生駒線での発生が一番多く、次いで国道479号での発生が多い。

時間別人身事故発生件数

8時00分から12時00分と16時00分から20時00分の時間帯に人身事故が多発しています。

事故状態別負傷者数

自動車134人、二輪車54人、自転車132人、歩行者26人、その他2人で、二輪車と自転車を合わせると186人(約53パーセント)になる。

(注釈)負傷者総数348人

令和2年中
  • 人身事故は292件(前年比-63件)、死者0人(前年比±0人)、負傷者348人 (前年比-92人)で、件数、負傷者ともに減少している。
    また、高齢者の負傷者は36人(前年比-32人)であった。
  • 令和2年中の人身事故のうち187件(約64パーセント)が幹線道路で発生し、また、161 件(約55パーセント)が交差点及び交差点付近で発生している。
  • 令和3年6月末現在の人身事故発生状況は
    件数 142件(前年比-2件)
    死者 1人(前年比+1人)
    負傷者 174人(前年比±0人)
    (注意)3月11日大阪中央環状線において二輪車の死亡事故が発生しました。

その他の交通指導取締重点

  • 幹線道路を中心としたパトカーによる機動取締りの強化
  • 管内各交差点における歩行者妨害違反・信号無視違反の取締り強化
  • 二輪車の割込み違反、進路変更禁止違反等の取締り強化
  • 自転車の信号無視違反、一時不停止違反等の取締り強化