本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府速度管理指針(天満警察署)

速度取締指針 平成31年1月天満警察署

天満警察署の交通事故発生状況

天満警察署管内では、幹線道路・交差点において交通事故が多発していることから、交通事故多発時間帯を中心に速度取締と主要交差点において取締活動を実施します。

天満警察署の取締重点

天満警察署の速度取締指針重点は次のとおりとします。

重点路線は国道1号・国道2号

  • 重点時間帯は午前7時から午前10時、午後4時から午後7時


次の交差点、時間帯については、危険性の高い信号無視及び横断歩行者等妨害等の取締活動を重点的に推進します。

重点交差点は東天満交差点・梅新東交差点

  • 重点時間帯は午前8時から午後4時
    (注意)重点交差点以外の場所・時間帯でも取締を実施します。

天満警察署管内における交通実態

管内の交番別事故発生状況

管内の事故の約半数が大江橋交番管の管内で発生しており、中でも午後の時間帯における発生が多い。

管内の事故類型別事故発生状況

管内の事故の約5割が交差点及び交差点付近で発生しており、信号無視・横断歩行者等妨害等・一時不停止を伴う事故が発生している。

  • 天満警察署の管内はオフィス街や官庁街、天神橋筋商店街等、平日の昼間は人や車両の 往来が激しく渋滞が常態化している。
  • 管内を東西に横断している国道1号・国道2号は、特に交通量の多い通勤時間帯におい て信号無視や横断歩行者等妨害等の交通違反が散見されるほか、休日や早朝には交通量 が減少することから、走行速度が上がる傾向にある。
  • 歓楽街である、曾根崎新地・北新地地区周辺においては、タクシーの駐車や走行が多く タクシーが当事者となる接触事故が発生している。

その他の交通指導取締要点

  • 管内の主要な交差点において交差点活動を実施
  • 取締要望の多い違法駐車の取締についても、管内全域を対象として継続して実施
  • 自転車による悪質交通違反の検挙