本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

大阪府速度管理指針(大淀警察署)

速度取締指針 令和元年8月大淀警察署

大淀警察署の取締重点

大淀警察署の速度取締重点は次のとおりとする。

重点路線、大阪高槻京都線及び国道176号

  • 重点時間帯等、昼間帯

速度取締りに加えて、次の場所、時間帯については、信号無視、横断歩行者妨害、ベルト装着義務違反等の取締活動を重点的に実施する。

重点場所、中津太子橋線・長柄東交差点

  • 重点時間帯、朝夕の通勤薄暮時間帯

重点場所、大阪高槻京都線・天神橋8丁目交差点

  • 重点時間帯、昼間帯

重点以外の場所、時間帯においても、取締りを実施することがあります。

大淀警察署管内における交通事故実態等

管内の路線別事故発生状況

国道423号35件、中津太子橋線26件、大阪高槻京都線16件、国道176号15件、大阪伊丹線6件、堂島十三線4件、新庄長柄線2件、その他81件

管内の事故類型別事故発生状況

追突60件、出合頭30件、左折時18件、追越し追抜き15件、右折時9件、その他38件

  • 大淀警察署は、管内にオフィス街と居住区があり、淀川以北の北摂地域と当署管内と隣接する梅田地区等との通過交通が多いことから、平日の時間帯は人や車両の往来が激しいところである。
  • 大阪高槻京都線及び国道176号は、大淀警察署管内の西と東で淀川をまたぐ主要な幹線道路で、他の幹線道路にも接続していることから、一旦重大事故が発生すれば他の道路へも交通影響を及ぼす可能性があり、信号機が少ない直線区間もあることから通行速度が上がる傾向にある。
  • 中津太子橋線では、朝の通勤時間帯及び薄暮時間帯にかけて交差点及び交差点付近での交通事故が発生する傾向にある。
  • 国道423号は路線別の発生件数が最も多く、追突事故が全体の7割を占める。

その他の交通指導取締要点

  • 管内の主要交差点においては、取締りのほか、朝夕の交差点立番を実施します。
  • 自転車が関連する人身事故が多発していることから、管内全域を対象に、自転車の取締りを強化します。
  • 児童の安全を確保するため、通学路における交通監視を実施します。