本文へ

Osaka Prefectural Police

現在の位置

自動車関連犯罪の被害に遭わないために(部品ねらい)

部品ねらいの現状

令和元年中の部品ねらい認知件数は3,340件で、前年比で770件減少しています。

ナンバープレート盗難被害の状況

車上ねらいをしているイラスト

令和元年中のナンバープレートが窃取された件数は、約1,900件で、部品ねらい被害の約58パーセントを占めています。

犯人は盗んだナンバープレートを盗難車両に取り付けて、車上ねらいを繰り返すなどして、悪用します。
新たな犯罪や被害者を生み出さないためにも、ナンバープレートの盗難防止に努めましょう。

部品ねらい認知件数の推移

部品ねらい認知件数の推移のグラフ

(注意)平成13年のピーク時に比べ約84%減少

発生場所

部品ねらい発生場所のグラフ   月極駐車場27.4パーセント、コイン駐車場3.4パーセント、駐車場(その他)13.0パーセント、駐輪場21.1パーセント、道路上5.7パーセント、住宅6.3パーセント、その他23.1パーセント

(注意)約65パーセントが駐車(輪)場での発生

主な被害品

部品ねらい主な被害品のグラフ

(注意)ナンバープレートの被害が最も多い

ナンバープレートには盗難防止ネジを取り付けましょう

あなたの愛車の大切な表札であるナンバープレートを、盗難被害から守りましょう。

大阪府警察では、「盗難防止ネジ 小さなネジでも大きな役割 ~ナンバープレートには盗難防止ネジをつけましょう~」を合言葉に、ナンバープレートを盗まれにくくする盗難防止ネジを推奨しています。

盗難防止ネジ

(公益社団法人)大阪府防犯協会連合会登録優良防犯器具

盗難防止ネジが、あなたの愛車のナンバープレートを盗難から守ります。

盗難防止ネジの取付け作業映像

ナンバープレート盗難防止ネジには、種類もたくさんあります。

ネジの価格、デザイン、効果、脱着要領など、皆さん自身の目で確かめて、お気に入りのものをお選びください。

(注意)一部車種によっては、ナンバープレートを取り外さないとオイル交換やメンテナンスができないものがありますのでご注意ください。

(注意)盗難防止ネジは、ナンバープレートの盗難防止を100パーセント保証するものではありません。